今治市でインプラント・入れ歯治療を行うなら越智歯科医院

  • HOME
  • 今治市でインプラント・入れ歯治療を行うなら越智歯科医院

虫歯や歯周病などの病気、怪我や事故などで歯を失った患者さまに、歯を補うための治療を行っています。

身体の一部である歯を失うことは、体力的にはもちろん精神的にもショックが強いものです。しかし、歯を失うことは誰にとっても起こりうることであり、だからこそ失った後の適切な対応が必要です。歯を1本でも失うと、失った歯の場所にまわりの歯がずれ込み、歯並びも噛み合わせも悪くしてしまいます。そのような新たなリスクを防ぐためにも、「1本抜けただけだから」と思わずに早めに失った歯を補い、以前の口腔環境に近い状態に戻す必要があります。

越智歯科医院では、患者さまが歯を失った後でも快適な生活を送れるよう、インプラントと入れ歯による治療をご用意しています。患者さま一人ひとりのご希望に合わせた対応に努めますので、歯を失って困っている方は、ぜひ私たちにご相談ください。

インプラント

インプラント

インプラントとは、病気やアクシデントなどによって失った歯の場所に、人工の歯を植え付ける方法です。

あごの骨に歯根や土台を埋め込み、その上に人工の歯を乗せる形で、失った歯を補います。時間をかけてあごの骨とインプラントを結合させていく方法となるため、基本的に手術後にインプラントが外れることはありません。

インプラントには、

・見た目が天然の歯に近い
・噛み心地が安定している
・まわりの天然の歯にダメージを与えない

など、審美面でも機能面でも、健康面においてもさまざまなメリットがあります。歯を失った後でも天然の歯に近い口腔環境を希望される場合には、インプラントがおすすめです。

当院のインプラント

インプラントはあらゆる面において満足度の高い仕上がりになる方法であると同時に、手術や治療期間など、負担がかかりやすい方法であります。患者さまにストレスを軽減して治療に臨んでいただくため、当院では以下のポイントを守りつつ治療を進めていきます。

患者さまの意思を尊重した治療を行います

インプラントには歯肉の切開を1回行う『1回法』、2回行う『2回法』があり、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。また、どの方法を使うかは患者さまによって異なるため、慎重な判断が不可欠です。

そこで当院では、治療前には慎重な検査とヒアリングを行い、患者さまのご希望に近づけられるように努めています。

詳しく丁寧な説明に努めます

当院では、治療の際には患者さま一人ひとりに丁寧な説明を行い、納得して治療を受けていただける環境を整えています。

「時間や金銭的な負担が大きくなるインプラントだからこそ、患者さまのご希望や心に寄り添える歯科医院でありたい」と願っています。不安なことがありましたら、遠慮なさらずにお気軽にお話しください。

デンタルローンにも対応可能です

インプラントはあらゆる歯科治療のなかでも特に金銭的な負担が多くなる方法です。当院では患者さまの負担を軽減できるよう、月々のお支払いで分割できるデンタルローンにも対応しています。

金銭的な負担を抑えたうえでのインプラント治療を希望される方は、デンタルローンを検討されることをおすすめします。

CTについて

CT

越智歯科医院では、インプラント治療をよりスムーズに行うため、精密なCTをご用意しています。

高性能な歯科用CTを使うことで、患者さまの骨の状態や位置をさらに細かく確認できるため、インプラントを埋め込む場所を適切に把握することが可能になります。また、患者さまの口のなかを立体的にとらえ、従来の検査では確認できなかった状態までも見られるようになりました。

ガイデッドサージェリーで、より適切なインプラント治療を可能に

越智歯科医院では、適切かつ満足度の高いインプラント治療をご提供するため、インプラントソフトを取り入れています。

インプラントソフトでは、専用のコンピューターソフトでインプラント治療の計画を立てることが可能です。これにより、インプラントを埋め込む場所の確認がさらに適切かつ容易になり、患者さまへの負担を抑えられるようにもなりました。

慎重な作業が必要となるインプラント治療だからこそ、どのプロセスにおいても適切な対応に努めます。

入れ歯

入れ歯

インプラント以外で失った歯を補うことを希望される場合には、入れ歯治療をおすすめします。保険適用と自費診療、両方に対応し、患者さまのご希望に合わせた入れ歯をご用意します。

保険適用の入れ歯

プラスチックの素材を使った入れ歯です。保険適用となるために、厚みや噛み心地においては不便な点もありますが、金銭的な負担を抑えられます。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯では、『ノンクラスプデンチャー』『チタン合金』『コバルトクロム合金』
を主に、個人個人に合わせた様々なタイプの義歯ご用意しています。

ノンクラスプデンチャー

金具のばねを使わず、プラスチックを使用した入れ歯です。薄く仕上がって装着時の違和感が少なく、また見た目に天然の歯に近いというメリットがあります。ばねを使用しないことから、まわりの歯への負担も少なくできます。

チタン

インプラント治療でも使われる金属『チタン』を取り入れた入れ歯です。比較的身体に負担を欠けないタイプの金属で、金属アレルギーや腐食によるリスクを抑えられます。

コバルトクロム

入れ歯用の金属として、従来使われてきた素材です。プラスチックの入れ歯よりも薄く仕上がり、同時に造りがしっかりしていることで高評価を集めています。快適な状態で長い間使用できる入れ歯です。

当院の入れ歯治療

保険適用や自費診療など、材質によって付け心地が大きく変わる入れ歯治療には、患者さまのご希望にしっかりと寄り添ったうえでの対応が欠かせません。
入れ歯にはさまざまな種類があり、どのタイプを選ぶかによって食生活や会話など、毎日の快適さが左右されます。その事実を深く理解し、当院では材質ごとの説明を詳しく行ったうえで、患者さまのご希望に可能な限り合わせた入れ歯をご用意します。

歯を失う前のように食事を続け、ご家族や友人の方との会話を楽しむためにも、私たちと一緒に満足度の高い入れ歯を作っていきましょう。