矯正歯科

矯正治療について 

乱れた歯並び・咬み合わせを整えるための治療を行っています。

矯正治療を的確に行うためには、専門性の高い知識と技術が必要になり、当院では矯正専門の女性医師が在籍しております。近年では、歯並び·咬み合わせを整えることは、身だしなみの一環としても認識されるようになり、ニーズも高まっています。

歯並び·咬み合わせでお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

矯正治療について

矯正治療では、乱れた歯並び・咬み合わせを専用の装置を用いて、ゆっくりと歯を適切な位置へと動かしていきます。

歯は食べ物を咬み砕き、栄養を摂取するには欠かせない身体の一部ではありますが、歯並びが乱れていたり、上下の歯の咬み合わせが適切な位置で咬み合っていなかったりすると、食べ物を上手く咬み砕くことができず、時には顎関節や舌の動きまでに影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

歯が重なり合うように生えていると、歯ブラシの毛先が行き届きにくい死角が生まれてしまうため汚れを取り除きにくく、虫歯や歯周病、口臭を発生させるリスクも高まってしまいます。

また、乱れた歯並び·咬み合わせであった場合、精神的にも負担になることがあります。人の第一印象は口元で決まると言われることもある位、歯並び·咬み合わせがコンプレックスとなってしまうケースも少なくありません。

歯を適切な位置で咬み合うように歯を動かし、歯並びを美しく揃えることで、お口の健康、心の健康へと繋げて行くことができます。

小児矯正 

子どもの矯正治療は、成長に合せて1期と2期と段階を踏んで治療を行っていきます。

1期治療は、6歳頃~12歳頃の子どもを対象に行います。この頃は乳歯と永久歯が生える混合歯列期となり、成長を利用しながら、永久歯が生え揃う為のスペースを作っていく治療をメインに行います。

2期治療は、永久歯が生え揃った13歳以降に行う治療です。成人矯正と同様に歯を動かし、歯並びや咬み合わせを適切な位置へと動かしていくことを目的とした治療を行います。

成人矯正(2期矯正)

矯正治療は子どもが行うイメージもありますが、成人であっても矯正治療を行うことが可能です。「歯並びが気になるけど、今更矯正治療なんて···」と、大人は諦めがちですが、矯正治療が行える条件が揃えば、何歳の人であっても矯正治療を受けられ、特に年齢制限はありません。是非一度ご相談ください。

全体矯正

奥歯から前歯まで、全体的に歯を動かしていく矯正方法です。

基本的に矯正治療は全体的に歯を動かしていくことを前提としています。全体的に歯を動かすことで、適切な位置へ歯を動かしていくことができ、咬み合わせの調整も行えるスタンダードな治療法です。患者さまの理想の歯並びへと治療していくには欠かせない治療法です。

部分矯正

その名の通り、部分的な矯正を行う治療法です。

全体的な矯正と異なり、部分的に歯を動かすことを目的としているため、ご自身の“ここだけ治したい”といったご希望や、一部分に見られる歯並びの乱れ、一部の咬み合わせにズレがあった場合に適応される治療法です。部分的な矯正治療であるため、数か月~1年ほどの短期間で治療を終えられれ、費用も抑えることができます。 

矯正治療は虫歯治療などの一般的な治療とは異なり、専門性の高い分野の治療となすります。当院では、患者さまの理想とする歯並びへと治療して行けるように、治療をご提案させていただいております。矯正治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

治療の流れ    

基本的な矯正治療の流れをご案内致します。

成人矯正

STEP
カウンセリング

どのような矯正治療が適応されるのか、ご案内させていただきます。患者さまのご希望も踏まえながら、丁寧なカウンセリングを行えるように努めておりますので、ご安心してご相談ください。

STEP
精密検査

歯並びやお口の中の状態を把握するために、詳しく検査を行います。

主な検査内容
  • レントゲン撮影
  • 正面·側面頭部X線規格写真(セファロ)
  • CT撮影
  • 口腔内、顔面写真撮影
  • 印象採得(歯列模型作成)
  • 虫歯、歯周病チェック
STEP
診断結果のご案内

各検査結果を基に、患者さま一人一人にあった治療計画をご提案いたします。

お悩みである歯並び等を改善するために適応する矯正装置や、治療過程、治療期間、必要となる費用などを明確にご提示します。

治療を開始する前には、各治療法のメリット·デメリットを把握した上でご決断することが重要であり、治療内容にご納得されるまで丁寧にご対応させていただきます。

STEP
治療開始

必要に応じて歯のクリーニング、虫歯や歯周病などの治療、抜歯などを終えた上で、矯正治療を開始します。矯正期間中のブラッシング方法、口腔ケア方法もご案内していきます。

治療期間は症例により異なりますが概ね1~3年程度、その間、月に1回程度の間隔で来院していただき、歯を動かしていきます。

STEP
保定期間

歯を適切な位置へと動かし終えた後は、歯が元の位置へと戻らないように、リテーナーを装着して、歯並びを安定させます。保定期間は人それぞれ異なりますが、歯を動かした期間と同等な期間、保定する必要があります。

小児矯正

お子様の矯正は成人矯正とは異なり、治療期間が「1期治療」「2期治療」と2段階に分かれます。

Stage
1期治療

乳歯と永久歯が混在する6歳~11歳頃に行います。

成長を利用しながら、永久歯が生え揃う為のスペースを作っていく治療をメインに行います。1期治療を行うことで、抜歯や外科治療を回避できるケースもあります。治療期間は個人差がありますが、約2年です。

Stage
2期治療

永久歯が生え揃う12歳頃より行います。

成人矯正と同じように、ワイヤー矯正やマウスピース矯正といった装置を用いて、本格的な矯正治療を行っていきます。治療期間は個人差がありますが、約1年~3年です。

治療の流れなどでご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

こんな症状でお悩みの方 

「口元から見える歯並びが気になり思いっきり笑えない」
「上下の歯が適切に咬み合っていないため前歯で食べ物を咬みきれない」

など、ご自身の歯並びにお悩みはありませんか?

口元から見える歯並びは、人の印象をも左右すると言われており、近年では身だしなみの一環として矯正治療を希望する人も多く見受けられます。

顔や性格が人それぞれ異なるように歯並びや顎の骨格も異なり、歯並びや咬み合わせの悩みもまた人それぞれ異なっていきます。

歯科矯正では、そのような悩みなどを改善することを目的に行われる治療です。

これからご紹介するような歯並びであった場合、不正咬合とみなされ矯正治療の対象となります。

不正咬合

歯並びが乱れていることを意味する総称です。
不正咬合の種類は以下で紹介します。

上顎前突(出っ歯)

上の歯が前方に突き出ている歯性のものと、上顎全体が前方に突き出ている骨格性の2つのタイプに分かれます。

歯性タイプであった場合、おしゃぶり·指しゃぶり、舌癖などが原因であることが多くあります。骨格性タイプであった場合は、遺伝的要因であることも多いと言われています。

前歯が前方に突き出ているため、コンプレックスを抱えている人も少なくありません。

下顎前突(受け口、反対咬合)

下の歯が上の歯よりも前方に出ている状態を指します。

下の歯だけが前に出ている歯性タイプと、下顎骨自体が前に出ている骨格性タイプに分かれます。

叢生(乱ぐい歯、八重歯)

日本人に一番多い不正咬合と言われています。

歯が大きい、顎が小さいなどの理由から、全ての歯が綺麗に並んで生えるスペースを確保することができず、歯が重なり合うように生えてしまい、ガタガタとした印象の歯並びとなります。

また、チャームポイントとしてもとらえられる八重歯も叢生のひとつであり、矯正治療の対象となります。

開咬(オープンバイト)

上下奥歯で咬んだ状態であっても、上下の前歯が咬み合うことなく隙間が空いた咬み合わせを指します。

上下の前歯が咬み合っていないため、レタスや麺などを噛み切れないとお悩みの人、見た目を気にする人も多くいらっしゃいます。

また、奥歯に負担がかかっていることも多く、顎関節症の症状が現れることもあります。

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に大きな隙間がある状態の歯並びです。

いわゆる“すきっ歯”であり、上の前歯2本の間に隙間があいている正中離開と、全体的に歯と歯の間に隙間がある空隙歯列に分類されます。

乳歯の頃は永久歯が生えるためのスペースを確保する意味でも、すきっ歯であることが正常であるとも言われていますが、永久歯の場合は矯正治療の対象となります。

交叉咬合(クロスバイト)

正常の咬み合わせであれば、上の歯が下の歯を覆うように咬み合うのですが、交叉咬合では、上下の咬み合わせが横にずれている咬み合わせの状態を指します。交叉咬合の場合、お顔の歪みで悩まれている人も見受けられます。

過蓋咬合(ディープバイト)

正常の咬み合わせであれば2~3mm程度、上の歯が下の歯に覆いかぶさる状態ですが、4mm、5mm以上であった場合には咬み合わせが深い状態とみなされ、過蓋咬合と診断されます。

切端咬合

上下の前歯が切端で咬み合う状態を指します。

切端咬合である場合、奥歯は咬み合っていないことも多く、食べ物を咬み砕くために下顎を前方に突き出したり、横にずらしたりしながら食事をしている人も多くみられます。

歯の切端同士でぶつかり合うので、歯が欠けるリスクも伴い、顎関節症にもなりやすいと言われています。

上記のような歯並び、咬み合わせでお悩みの場合や、矯正治療をお考えの際にはお気軽にご相談ください。

矯正治療の装置について 

当院でご用意するワイヤー矯正を行うための装置は以下の通りです。

それぞれ特徴が異なるため、メリット・デメリットを把握した上で、ご自身の希望とすり合わせながら選んでいきましょう。

装置

メタルブラケット

最もスタンダードな矯正装置です。「矯正治療」といったら、メタルブラケットを歯の表面に装着している口元を思い描く人も多いのではないでしょうか。

ワイヤーを歯に固定する役割を担っている装置であり、歯の表面に専用の接着剤を用いて装着しワイヤーを通し、ワイヤーを引っ張る力を利用して歯を適切な位置へと促していきます。

金属でできているため、口元からも目立ち、金属アレルギーの心配がある人には不向きではありますが、歯を動かしていく上で、微調整できる矯正装置として優れています。

セラミックブラケット

口元から見える矯正装置に抵抗がある人には、セラミックブラケットがおすすめです。

白いセラミックブラケットであるため、メタルブラケットより目立ちにくくなります。

セラミック製であるため着色しにくく、すり減りにくいのが特徴です。ブラケットには厚みがあるため、違和感がでることもありますが、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの心配がある人も安心して装着できます。

ワイヤー

歯を動かすためには必要不可欠であるワイヤーは、以下の2種類からお選びいただけます。ワイヤーの種類によってもメリット·デメリットがあるため、比較しながら選択していきましょう。

メタルワイヤー

スタンダードなワイヤーです。口元から比較的目立つデメリットはありますが、メタルブラケット、メインワイヤー、結紮線(ブラケットにワイヤーを固定するための細いワイヤー)とすべて金属であった場合、摩擦抵抗に優れているため、歯を動かす際に感じる痛みも抑えることもできます。

ホワイトワイヤー

その名の通り白いワイヤーです。先にご案内しておりますセラミックブラケットと併用して活用することで、より口元から見えにくい矯正治療を行えます。

メタルワイヤーより細いワイヤーに白い塗料をコーティングしているため、剥がれるリスクを伴います。歯に加えられる力が弱くなるため、メタルワイヤーよりも歯を動かす速度が遅くなる傾向にあります。

装置の特徴はさまざまです。また、費用やそれに伴う治療期間なども異なるケースもありますので、ご自身がご希望される矯正装置がございました際には、お気軽にご相談ください。

目立たない矯正・マウスピース矯正

一般的に知られる矯正治療と言えば、歯の表面に矯正装置を装着するため、口元の見栄えを懸念する人も少なくありませんでした。「矯正治療を行いたいけど、口元から見える装置がやっぱり気になる」と、矯正治療自体をあきらめてしまう人も多くいるのが現状であり、課題でもありました。

そこで患者さまの声に応えるように誕生したのが、目立たない矯正治療を実現させるマウスピース矯正です。

世界100か国以上1000万人以上のユーザーがいるインビザライン

マウスピースメーカーは日本国内でも複数存在しますが、当院ではマウスピース矯正において世界トップシェアを誇る、インビザラインをご用意しております。

インビザラインの最大の特徴は、透明なマウスピースを装着して歯を動かしていくことです。従来の矯正治療で懸念点であった「見た目」にも重視しながら、矯正を行えるため、マウスピースによる矯正治療中であっても、人目を気にすることなく思いっきり笑うことができます。

マウスピースでどうやって歯を動かすの?

マウスピース自体は薄いプラスチック製です。歯を動かすために数ミリ単位で異なるマウスピースを複数製作し、1週間毎に付け替えながら、歯を動かしていきます。ワイヤー矯正よりも歯に加わる力が小さいため、痛みを抑えて歯を動かしていけます。

マウスピース矯正はこんな人におすすめ

マウスピース矯正をおすすめしたい人は、以下のような人です。

  • 軽度な歯列不正
  • 見た目にも配慮して矯正治療を行いたい人
  • 金属アレルギーの人
  • 食事制限なく食生活を送りたい人
  • 管楽器を演奏する人
  • スポーツをしている人

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正は自身で着脱することが可能です。1日20時間以上の装着が必要であり、食事の度にマウスピースの着脱が必須となります。定められた時間、マウスピースを装着できなかった場合、計画通りに歯を動かすことが出来なくなるリスクを伴うため、しっかりと自己管理することが重要となります。

また、マウスピースでは正しい位置へと促すことが難しいケースの歯並びもあり、誰もが適応する治療法ではありません。そのため、マウスピース矯正をご希望される場合は、悩みの種となっている歯並び・咬み合わせを、マウスピース矯正で治療していけるのか、カウンセリングをお受けして、相談されることをおすすめいたします。

インビザラインによる矯正治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。