ワイヤー矯正|健やかで美しい、あなたらしい歯並びに

当院での審美矯正では、マウスピースを使用する矯正ワイヤーを使用する矯正、2種類の矯正方法を取り扱っています。患者様の歯の状態や目的、ご予算に合わせ、最適なプランを提案させていただきます。

目次

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは

ワイヤー矯正とは、金属製のブラケットとワイヤーと呼ばれる小さな装置を使って歯の移動を行う治療法です。もっとも標準的な歯列矯正の方法で、ほとんどの歯並びに適応できます。ブラケットは接着剤で歯面に設置することから、固定式の装置となっており、装置の着脱やワイヤーの調整は、歯科医師でなければ行えません。

ワイヤー矯正で使用する装置

当院のワイヤー治療では、白くて目立ちにくく金属アレルギーリスクのないセラミックブラケットを使用しております。

-ブラケット

セラミックブラケット

セラミック製のブラケットです。歯と同じような色をしているので、装置が目立ちにくいです。セラミックは変色や摩耗といった経年的な劣化が起こりにくく、金属アレルギーのリスクもありません。

メタルブラケット

金属製のブラケットです。微調整がしやすく、歯を効率良く動かすのに適した装置です。ただ、金属色がむき出しとなっているため、目立ちやすいというデメリットがあります。また、金属アレルギーのリスクが心配な方には、あまりおすすめすることができません。

当院ではセラミックブラケットを採用しています

目立たない治療を目指している当院では、ワイヤー矯正でも比較的目立たない治療が可能な「セラミックブラケット」を採用しております。


-ワイヤー

メタルワイヤー

金属製のワイヤーです。金属色が目立ちやすいですが、摩擦抵抗に優れ、歯を効率良く動かせます。

ワイヤー矯正のメリット

ワイヤー矯正には次に挙げるようなメリットがあります。

適応範囲が広い

ワイヤー矯正の最大のメリットは、適応範囲が広い点です。便宜抜歯を行って、歯を大きく移動しなければならないケースにも問題なく適応できます。歯を3次元的に移動することも得意であるため、デコボコとした歯並びもきれいに仕上げることが可能です。

歯の移動速度が速い

ワイヤー矯正では、歯に対して比較的強い力をかけることから、マウスピース矯正よりも歯の移動速度が速くなっています。

細かい調整が可能

1本1本の歯にブラケットを装着するワイヤー矯正は、歯並びの細かい調整も得意です。上下の咬み合わせも理想に近い形に仕上げられます。

装置を着脱する手間がない

マルチブラケットは固定式の装置であり、患者様ご自身で着脱していただく必要はありません。装置の着脱から調整まで、すべてを歯科医師が担います。

ワイヤー矯正のデメリット

ワイヤー矯正には次に挙げるようなデメリットがあります。

装置が目立ちやすい

インビザラインのマウスピースは、1日20~22時間程度、装着しなければなりません。マウスピースの装着を怠ると治療計画に乱れが生じ、治療期間の延長につながることがあります。

食事がしにくい

マウスピース矯正では、ワイヤー矯正よりも小さい力で歯を動かします。そのため、治療に伴う痛みも少なくなります。ほんの少しだけ設計が異なるマウスピースを1週間毎に交換することから、小さい力でも着実に歯を移動できます。

歯磨きがしにくい

食事の際、装置を取り外せるマウスピース矯正には、原則として食事制限がかかりません。しかし、マウスピースを装着中に口にするものは、原則水のみをお勧めしています。マウスピースをしたまま食べ物を噛むと装置に破損につながり、水以外の飲み物を口にすると歯や装置の着色や虫歯の発生が促されます。

歯の移動に伴う痛みがやや大きい

食事の際、装置を取り外せるマウスピース矯正には、原則として食事制限がかかりません。しかし、マウスピースを装着中に口にするものは、原則水のみをお勧めしています。マウスピースをしたまま食べ物を噛むと装置に破損につながり、水以外の飲み物を口にすると歯や装置の着色や虫歯の発生が促されます。

ワイヤー矯正はこんな人におすすめ

次のような方にはワイヤー矯正がおすすめです。

  • 抜歯をして歯を大きく動かなさなければならない人
  • 装置を装着したまま食事をしたい人
  • 装置を自分で着脱するのが面倒な人

ワイヤー矯正の費用

マルチブラケット700,000円+税
支払い方法現金(一括払いのみ)
クレジットカード(分割可、手数料として3%加算いたします)
デンタルローン(分割可、デンタルローン会社の金利が発生します)

歯並び・噛み合わせ等にお悩みの方はお問い合わせください

目次
閉じる